【個人事業主のためのロゴ・チラシ・名刺・HP】
女性・ママ目線の大阪のグラフィックデザイナー『デザイン屋 並木舎』

デザイン屋 並木舎ロゴ

屋号の由来

【デザイン屋】⇒ 町のパン屋さん、八百屋さんみたいに親しみやすく
【並木】⇒ シンプルに苗字で覚えやすく(家庭も大切にしたい想いも込めて)
【舎】⇒「社」より背伸びせず私らしく

ロゴには【夢を叶えたい人をデザインでもっと笑顔にしたい】という想いを込めています。
【並木舎】って鏡で見ても同じに見えるんです。
裏表なく誠実に、お客さまに寄り添っていきたいと思っています。


紙好きデザイナー

ネットを通じてより早く、より多くの人へ届けることができる、便利で効率の良い時代。
長年グラフィック(印刷物)デザインの畑で経験を積んできましたが、
数年前からお客さまのニーズに合わせてHPも取り入れ、よりお客さまに満足して頂けるようになりました。

でもやっぱりカタチあるモノが好き。紙が好き。
手触り、ページをめくるワクワク感、年齢問わず手にできる親近感が感じられるから。
メールより手紙の方が、ダウンロードよりCDを買って聴く方が、届ける人の温度がより強く感じられるから。
『デザイン屋 並木舎』は、WEBの便利さと紙の親近感をどちらも効果的に取り入れたデザイナーを目指しています。

パーソナルな面もご縁のきっかけに繫れば嬉しいです。

デザイナー情報

プロフィール写真

デザイナーの性格・趣味


● 真面目で几帳面なA型乙女座。

● 子どもの頃から周りには「しっかり者」とよく言われる。裏方タイプ。

● その反面、家ではかなりの「うっかり者」。

● 自分が話すより人の話を聞く方が好き。相談されやすい。 初めての土地なのになぜか道を尋ねられることがよくある。

● 子どもの頃からマイノリティ(少数派)な感覚や思考。

● 整理整頓好き。シンプルで丁寧な生活に憧れている。(現実はまだまだ…)

● 物は最小限でいい。あの世に持って行ける思い出を集める人生にしたい。

● 写真を撮るのも見るのも好き。自分色模索中。

● 邦楽イロイロ好き。特に星野源・SAKEROCK・サカナクション・キリンジ・ハナレグミ・ハンバートハンバート。ライブは心の栄養!月イチで行けたらシアワセ〜

● テレビよりラジオ派。ミュージシャンの番組を聴くのが好き。

● 映画やテレビですぐ感情移入する。隣で私の表情を見るとおもしろいらしい。

● 高校の時に珈琲専門店で初バイトして以来珈琲が大好き。ブラック派。

● お酒が一切飲めない。大半の人に「意外」と言われ腑に落ちない。

● カフェ、雑貨屋、本屋が好き。スタンダードブックストアと蔦屋書店に入り浸りたい。

● 虫は嫌いだけど田舎は好き。子育てが終わったら田舎暮らしもいいかな〜なんて思ったり…

● 子どもが大好き。進学の時にデザインの道と、子どもと関わる道とで悩んだ。いつか仕事とは別で子どもと関わる“何か”がしたい。

デザイナーの経歴


京都芸術短期大学 ビジュアルデザインコース卒業(中学校教諭第二種免許取得)

卒業後、恩師の紹介で母校で高校の美術の非常勤講師を1年間勤務。
自分の高校時代より充実した毎日を過ごす。

家業を継ぐために非常勤講師を辞めるが、どうしてもデザインの仕事がしたくて福知山から大阪へ。
しかし現実はそんなに甘くはなく…仕方なく生活のために飲食店で掛け持ちバイトをする。

24歳でようやく広告制作会社に就職でき約6年間勤務。
不動産・学校・自動車メーカー・製薬会社・老人ホーム…代理店の下請けだったので、幅広い業種のデザインに携わることができた。初仕事は文字ギッシリの小さな新聞広告。

PCに向かってデジタルな毎日を過ごすうちに、手を使ってアナログなことをしたい思い始め、会社勤めをしつつオリジナル雑貨 『Hinata-Bocco』を立ち上げ、約10年間委託販売・イベント参加・手作り市への出店をする。

結婚後も暫く会社勤めをするが、終電帰宅も多く家庭との両立が厳しく退職。
退職後は雑貨活動をメインに、デザインは友人・知人を中心に細々と受注する。

待ちに待った妊娠・出産。

2014年1月、卒乳を機に『デザイン屋 並木舎』を開業。雑貨活動から身を引き、デザイン1本に絞る。
家庭や子どもとの時間を大切にしながら、フリーランスデザイナーとして夢に向かって頑張る人をデザインでサポートする。

「現役ブランク8年、同業との繋がりほとんどなし、昼間子どもとべったり真夜中仕事」の無謀なスタート。手探り状態で日々奮闘しながら、知人やその紹介から少しずつ仕事を頂き経験を積む。
勤めている時と違い、全部1人でやらなくてはいけない大変さはあるが(特に経理関係が苦手…)、お客さまと直接関われる今のスタイルが楽しくて、やりがいと生きがいを感じている。天職だと思っている(^^)


フリーランスの道を選んだワケ

私は両親が共働きで土日も仕事だったので、放ったらかし状態で育ちました。
幼い頃からそれが当たり前だったので、特別不満に感じたことはありませんでしたが、 時々家にお母さんがいる友達を羨ましく感じていました。
高校生の頃に1年だけ母が家にいた時がありましたが、嬉しくって毎日ワクワクしながら帰宅したことを今でもハッキリ覚えています。
「おかえり」って言ってくれる人がいるって嬉しいものです。

私がフリーランスを選んだのは、大好きなデザインの仕事を続けつつ、子どもとの時間も大切にしたかったから。
子どもの頃母にほしかったことを、大人になった今穴埋めしているのだと思います。
保育園に入れずに働くのは大変ですが、べったりできるのも長い人生のうちのほんの数年のこと。今しか味わえない貴重な時間を楽しんでいます(^^)

事務所概要
事務所名デザイン屋 並木舎
事業形態フリーランス
代表者並木有由美
所在地大阪府八尾市(自宅のため非公開とさせて頂きます)
連絡先namikigraphic@design.zaq.jp
事業内容ロゴ・印刷物・HPのデザイン制作
営業時間平日/9:00~14:00(土日祝定休)
設立2014年1月